菊池温泉岩蔵で最高の「うつわ」に出会う。

まだまだ旅行ネタでひっぱります

菊池渓谷も、夏や紅葉シーズンはたくさんのハイカーで賑わうようです。
紅葉にはまだちょっと早いのですが、私、ひっそりとした渓流を楽しみにしていました。

しかし・・・

いくつかの入り口は通行止めに
木々が倒れているとの看板もありましたが、時間が遅かったせいもあるのかもしれません。

仕方がないので、そのまま宿へ。

旅行最後の今夜は、菊池渓谷温泉岩蔵
平日はじゃらんのポイントが使えます。

岩蔵の渓流

渓流沿いの温泉はノブ夫のあこがれ。

お湯は低めの温度でのんびり入れます。
とろっとして、こすると肌がキュっとする感じ♪

別の個室でいただいた夕食は、まだ青いもみじの葉や色づいた柿の葉もそえられて、季節感たっぷり。

岩蔵の夕食

柿の葉の、なんと複雑で深い色合い。

そして、えもいわれぬ光沢。。。

 柿紅葉 織部にまさる器かな

お皿の上のたった一枚ではありますが、一足先に紅葉狩りをした気分になりました。

   にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ   人気ブログランキングへ
     にほんブログ村      裁縫・刺繍
       ↑↑        ↑↑
    ブログの応援、お願いします☆

そして、旅館の落とし穴。
部屋に戻るとお布団が敷いてあります。

そのまま、まんまと牛になってしまったのでした・・・zzz

食べっぱなしの旅は続きます


阿蘇外輪山ドライブ♪

さて、昼食はこちら、国道325号沿いの「奥阿蘇」にて地鶏の炭火焼。
ボリューム満点、歯応えも満点・・・

ボリュームたっぷり地鶏のランチ

お腹いっぱいになったところで、あとは菊池温泉を目指して一気に駆け抜けます。

阿蘇山観光のつもりはなかったのですが、阿蘇は広いんですね!
いつの間にか外輪山をドライブしておりました。

あまり時間がありませんが、せっかくなので「大観峰」に立ち寄ります。
ここは北側の外輪山で一番高い、絶景ポイントなのだそう。

大観峰から

うす曇りながら、大きな自然を感じることができました。

 阿蘇の山 一面に揺る 尾花かな


   にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ   人気ブログランキングへ
     にほんブログ村      裁縫・刺繍
       ↑↑        ↑↑
    ブログの応援、お願いします☆

ジャージー乳のソフトクリームに後ろ髪をひかれつつ、日が暮れないうちに菊池渓谷へと下っていきます。


高千穂峡と天岩戸神社☆

いよいよ高千穂に到着。
件の先輩から情報を得ていたので、ボート乗り場の駐車場まで車でずんずん下りて行きます。
ぎりぎりセーフで入れました!

ここに止めないと、結構歩くんです。
運動にはいいけれど、私たちは先を急ぎます

高千穂峡~遊歩道から

この景色はテレビなどでご覧になった方も多いことでしょう。
地球の裂け目をボートに乗って楽しむことができます。

が。

車の運転はずっとノブ夫なので、ボートを漕ぐのは私ということに・・・

滝を避けようと皆反対側に寄るので、そこは大混雑。
でも気をつけないと、反対側の上からもしずくがボトボトと垂れてきます。

右だ、左だ、そのまま真っ直ぐ、はい止まれ、なんて矢継ぎばやに言われても、そうたやすくコントロールできるものではありません

後ろを気にし、あちこちに謝りつつ、ヒーリングどころではありませんでした。。。

高千穂峡~ボートから ということで、写真はノブ夫です。

つづいて天岩戸神社へ。

こちらの神社は、天照大御神(アマテラスオオミカミ)が、弟君須佐之男命(スサノオノミコト)の暴挙に立腹しお隠れになったという洞窟がご神体。
宮司さんにお願いすると、その「天岩戸」を直接拝める遥拝殿に案内してくれます。
御神域は撮影禁止。

断崖には木々が茂り、うっそうとしています。
枯葉の舞い落ちる様子さえも、心なしかゆっくりと、神々しく感じられ・・・

 落つる葉の 一枚にとて 神宿る


また、こちらの神社には大きなオガタマ(招霊木)の木があります。

天照大御神を呼び出すために、天鈿女命(アメノウズメノミコト)がこのオガタマの実を手にして舞い踊ったそうで、これが現代でも目にする神楽鈴の原型なのだそう

少し先の天安河原(八百万の神様が集まって、どうしたら天照大御神に出てきてもらえるか話し合いをした場所)では、小石を積み上げて願い事をすると何でも叶えてもらえるという言い伝えがあるそうで、長年人々が積み上げてきた石が幻想的な光景を作り上げているようです。

私たちも願いがないわけではありませんが、欲張りなので願い始めるときりがなさそう・・・
スッパリとあきらめ、菊池温泉へと急ぎます

   にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ   人気ブログランキングへ
     にほんブログ村      裁縫・刺繍
       ↑↑        ↑↑
    ブログの応援、お願いします☆


池尻の唐傘松と金色の棚田☆

翌朝改めて借りたレンタカーは、マツダのデミオくん。
運転は、今日ももちろんノブ夫くん♪

この日は高千穂、天岩戸とめぐり、阿蘇を通って菊池温泉に向かいます。

途中、「唐傘松」と書かれた看板を発見。
気になったので、矢印にそって進んでみました。

小高い丘には見事な松の木が!

唐傘の松

写真では伝えきれませんが、すばらしい枝ぶり。

ここでお弁当を広げたら、気持ちいいだろうな~♪

眼下には金色の棚田も広がります。
すでに刈られた田んぼと、まだ刈られていない田んぼの色の妙。

手作業の天日干し、「はさかけ」はもう珍しいのかと思っていましたが、この旅の移動中にはあちこちでその光景に出会いました。

行きしな、一人で稲束を竿に掛けていたおじさん。
帰りにチラと見ると、二人でアイスを頬張っていました。

 稲束の上でアイスや 老夫婦

空気は乾いています。

稲刈りの合間のアイスクリームは、さぞおいしいことでしょう

   にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ   人気ブログランキングへ
     にほんブログ村      裁縫・刺繍
       ↑↑        ↑↑
    ブログの応援、お願いします☆

さて、県境をまたいで宮崎県に。
いよいよ高千穂です。


イルカウォッチングの衝撃・・・

天草西海岸を北上中、地図上に「日本一の大水車」を見つけ、行ってみることに。

ノブ夫が水車が好きだというので、実は他所でも地図を頼りに立ち寄ったことが何度もあります。
しかし思いのほか小さかったり、止まっていたり、すでに撤去されていたり・・・が多く、今回もいや~な予感がしていたのですが。

轟の滝

なかなか雰囲気のある小さな滝は見られました

が。
水車

ははは。
水さえも流れていません

*****

じゃ、もう少し時間があることだし、やっぱりイルカでも見に行こうか

ということで、出航時間を調べると―
船の最終は16:00。

充分間に合いますが、それではレンタカーの返却時間に間に合いそうもありません。

でも、一旦行くつもりになってしまえば後ろ髪を引かれるもの。。。

とりあえず港の方に行ってみようか。

と、少し車を走らせると、目の前にイルカウォチングの看板をかかげるお店が。
尋ねてみると、前の回が遅れて、ちょうど今から出発するところだとか。

聞いてみるものですね。

じゃ、じゃあ。。。

ということに相成り、イルカウォッチングに出発です。

ところが、行ってびっくり

船、船、船、、、

一艘の船でのんびり・・・と思いきや、ポイントにはすでにたくさんの船が集まっておりました。
中には修学旅行の一団も。

イルカの姿を見つけると、その船たちが一斉に向きを変えて突進します。

な、なんか複雑な気分

それでもイルカの姿が見えると嬉しいもので・・・
特に親子連れなんて、カワイイ。

イルカちゃん

小一時間ほどでしょうか、イルカを追い回し、港に戻りました。

 見世物は イルカか人か 秋の海

あぁ、ジャックは怒るだろうなぁ。。。

*****

さて、明日も車は借りますが、夜は乗らないのでフィットくんは一端返却します。
聞いていたこととはいえ渋滞に巻き込まれ、ハラハラ

営業所に連絡を入れると、大丈夫だから気をつけて、とのこと。
結局30分ほど遅刻してしまいましたが、快く対応していただき、感謝感謝。

夜は馬肉料理専門店に。

見事に馬肉料理しかなくて、二人ともちょっと辟易。
肉好きのノブ夫も、共食いしている気分(名前のせい)だそうで、珍しく食が進まなかったようです
レバ刺しやお寿司など、3品ほどで早々に切り上げ、デザートを買ってホテルに帰りました。

   にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ   人気ブログランキングへ
     にほんブログ村      裁縫・刺繍
       ↑↑        ↑↑
    ブログの応援、お願いします☆

明日は県境を越えて、高千穂に向かいます


プロフィール

ノブ

Author:ノブ
絹糸のしっとりとした光沢に魅せられて日本刺繍を始めました。
「心を包む袱紗」と「祈りの蓮華袋(れんげぶくろ)」を作って販売しています。
が、育児中につき日本刺繍は休業中。
ブログは俳句や日々の出来事を中心に綴っています。

プロフィール詳細は、「日本刺繍の照工房」HPで↓

日本刺繍の照工房

ウェブショップもございますが只今休業中。再開の目途がつきましたらこちらのブログでもお知らせします(時期未定)。↓

刺繍ふくさの照工房ショッピングカート


初めての方はこちらもご一読ください。→ ブログポリシー

カテゴリ

最近の記事

ようこそ♪

ブログ開設時(2007年11月)からのユニークアクセス(24時間)です

ブログ内検索

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

woman.exite☆今日の献立

今夜は何にしようかな♪

Twitter

▼ふくさを使う


-伝えていきたい和のこころ-
*****
照工房のオススメする
袱紗の使い方はこちら
↓↓↓

⇒お友達の披露宴で

⇒ご自身の結婚式で
⇒成人や結婚のお祝い、また、還暦など賀寿の贈り物にも喜ばれています。

☆祈りの蓮華袋

コメントお待ちしています

各記事右下の「Comment」をクリックして投稿してください♪

記事内容に言及がないなどブログの趣旨にそぐわないコメントは勝手ながら削除いたします。

アクセス向上委員会

たくさんの方に「日本刺繍」と「ふくさ」の文化を伝えたい。
そんな思いでランキングに参加しています。
皆さまのクリックがポイントになり、順位が上がります。上位になればアクセスアップにつなりますので、1日1回応援クリックいただけたらうれしいです!

ブログリンク

当ブログはリンクフリーです♪

その他リンク

最近のトラックバック

メールはこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

Top