散華から生まれた「蓮華袋」

初回分はすでに売り切れてしまった蓮華袋ですが、初めてこのブログをご覧になった方にもわかりやすいように、一つの記事にまとめてブログの片隅に置いておきたいと思います。

「祈りの蓮華袋」*****

場を清め、仏様の供養に使われる散華(さんげ)
現代では蓮の花びらをかたどった色とりどりの紙片が撒かれることが多いようです。

中には、仏画や草花など美しい絵柄を施した美術散華と呼ばれるものもあり、コレクターもいるそうです。

照工房ではこの散華を真似て、日本刺繍をほどこした小さな袋を作り、蓮華袋と名づけました。

蓮華袋4種

散華は幸福を呼ぶとか、お守りになるとも言われています。

同じく、針目にも、身を守る呪力が宿ると古来信じられていますから、手刺繍、手縫い仕立ての蓮華袋は身に付けてお使いいただくことをおすすめします。

小さな仏様や形見のお品、おふだやパワーストーンなどを入れて、お守りに。
香袋や口紅入れ、お着物をお召しになる方は袂(たもと)落としとしてもどうぞお楽しみください。

この小さな蓮華袋が、皆さまの目を楽しませ、何か少しでも日々の慰めとなれば幸いです。

  ●ショップはこちら→刺繍ふくさの照工房

     *****

お時間が許しましたら、カテゴリ「蓮華袋の由来と使い方」をどうぞ遡ってご覧ください。

   にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ   人気ブログランキングへ
     にほんブログ村      着物・和装
       ↑↑        ↑↑
    ☆和のココロ、分かち合えたら幸せです。
スポンサーサイト

Comment

2009.07.15 Wed 18:52  |  

「完売御礼」んん~~~~、なんていい響き~~(><)

ほんと、どれもとっても素敵でしたもんね~~。
散華って初めて聞きましたけど、勉強になりました~~。
これからもいろいろ出てきますよね!!と~~っても期待大です(^^)V楽しみにしてます
  • #-
  • らるを
  • URL
  • Edit

2009.07.15 Wed 23:27  |  らるをさん、こんばんは。

ありがとうございます♪
値段が値段なので、いつもこういうわけにはいきませんが、まずはほっとしています。
散華は私もほんの1・2ヶ月前に知ったんです。
こんな形になるとは思いもしませんでした^^
私ももっと、らるをさんのように実際に見ていただくイベントに参加したいな~と思ってるんですが、なかなか・・・i-229

2009.07.16 Thu 23:07  |  

不思議の森を探検って感じですね~!
見たことない変な植物とか!おもしろいですね!
読んでいて、わくわくしちゃいました。

蓮華袋、販売したんですね!しかも、あっという間に完売!
さすがです。どれもこれもかわいかったもんなぁ。
見れば見るほど、どのお花もステキで・・・♡
様々な種類のお花を、美しく刺繍できるノブさん、尊敬です。
私は、ついバラ、すずらん、ビオラと決まったお花を刺しがちなので、他にも色んなお花を刺してみたくなりましたi-179
でも、なかなか難しそう・・・。

2009.07.17 Fri 08:54  |  chieさん、こんにちは。

滝田城址探検、特にキレイな写真もないし、似たような景色ばかりだったのですが、楽しんでいただけてよかったです♪
実際は、ワクワク探検というよりは、ココまで来たからノルマをこなさなきゃって感じでした・・・i-229

chieさんのお花はchieさんらしさが出ていてうらやましいですi-233
私はいつも、写真や絵、昔の刺繍とにらめっこ。ウンウンうなって図案を考えてますi-238
でも、一つできると楽しくなって止められません♪

2009.08.27 Thu 08:35  |  蓮華袋素敵ですね。

ノブさん はじめまして

otokutokukoと申します。

蓮華袋、存在をはじめて知りました。

作品もほっとする可愛らしさで見ているだけで和みますね。

江戸東京博物館へも足を運びたくなりました。

とても根気のいるお仕事だとおもいます。どうぞご自愛下さいませ。

これからも素敵な作品を楽しみにしています。
  • #-
  • otokutokuko
  • URL
  • Edit

2009.08.27 Thu 09:16  |  otokutokukoさん、ようこそ。

はじめまして。
といっても、私もotokutokukoさんのブログに何度かおじゃましてますね^^
蓮華袋の存在にお気づきいただきありがとうございます。
これもいつか、アンティーク着物みたいに人手を渡り歩いたら面白いな~と思ったり、妄想しながら作っています。
江戸博には、二種類の袱紗しかありませんが、機会がありましたらどうぞ実物をご覧になってください。
これからもよろしくお願いします。






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://terukobo.blog84.fc2.com/tb.php/816-d2b5c572

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

ノブ

Author:ノブ
絹糸のしっとりとした光沢に魅せられて日本刺繍を始めました。
「心を包む袱紗」と「祈りの蓮華袋(れんげぶくろ)」を作って販売しています。
が、育児中につき日本刺繍は休業中。
ブログは俳句や日々の出来事を中心に綴っています。

プロフィール詳細は、「日本刺繍の照工房」HPで↓

日本刺繍の照工房

ウェブショップもございますが只今休業中。再開の目途がつきましたらこちらのブログでもお知らせします(時期未定)。↓

刺繍ふくさの照工房ショッピングカート


初めての方はこちらもご一読ください。→ ブログポリシー

カテゴリ

最近の記事

ようこそ♪

ブログ開設時(2007年11月)からのユニークアクセス(24時間)です

ブログ内検索

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

woman.exite☆今日の献立

今夜は何にしようかな♪

Twitter

▼ふくさを使う


-伝えていきたい和のこころ-
*****
照工房のオススメする
袱紗の使い方はこちら
↓↓↓

⇒お友達の披露宴で

⇒ご自身の結婚式で
⇒成人や結婚のお祝い、また、還暦など賀寿の贈り物にも喜ばれています。

☆祈りの蓮華袋

コメントお待ちしています

各記事右下の「Comment」をクリックして投稿してください♪

記事内容に言及がないなどブログの趣旨にそぐわないコメントは勝手ながら削除いたします。

アクセス向上委員会

たくさんの方に「日本刺繍」と「ふくさ」の文化を伝えたい。
そんな思いでランキングに参加しています。
皆さまのクリックがポイントになり、順位が上がります。上位になればアクセスアップにつなりますので、1日1回応援クリックいただけたらうれしいです!

ブログリンク

当ブログはリンクフリーです♪

その他リンク

最近のトラックバック

メールはこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

Top