FC2ブログ

駒取りと引っ込み。



蛇腹によった糸を、細くよった糸でとじつけます。

蛇腹によった糸はそのままでは戻ってしまうので、一度水で濡らして乾かしてから使います。

とじつけた後は、糸の端を布裏に始末しなくてはなりませんが、太い糸なので針には通せません。

そんな時は「引っ込み針」を使います。

太い針に通した糸を縒り合わせ、その端をまた針穴に通すと糸のわっかが出来ます。

引き込みたい場所にこの針を刺し、引き入れる糸の端をわっかで囲いこんで、一気に裏に引き込みます。

服をどこかに引っ掛けて、糸がびろーんと出てきてしまった時にも使えます(笑)

日本刺繍には、先人の知恵がたくさん詰まっています。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ノブ

絹糸のしっとりとした光沢に魅せられて日本刺繍を始めました。
「心を包む袱紗」と「祈りの蓮華袋(れんげぶくろ)」を作って販売しています。
が、育児中につき日本刺繍は休業中。
ブログは俳句や日々の出来事を中心に綴っています。

プロフィール詳細は、「日本刺繍の照工房」HPで↓

日本刺繍の照工房

ウェブショップもございますが只今休業中。再開の目途がつきましたらこちらのブログでもお知らせします(時期未定)。↓

刺繍ふくさの照工房ショッピングカート


初めての方はこちらもご一読ください。→ ブログポリシー

ようこそ♪

ブログ開設時(2007年11月)からのユニークアクセス(24時間)です

☆祈りの蓮華袋

▼ふくさを使う


-伝えていきたい和のこころ-
*****
照工房のオススメする
袱紗の使い方はこちら
↓↓↓

⇒お友達の披露宴で

⇒ご自身の結婚式で
⇒成人や結婚のお祝い、また、還暦など賀寿の贈り物にも喜ばれています。

ブログ内検索

コメントお待ちしています

各記事右下の「Comment」をクリックして投稿してください♪
記事内容に言及がないなどブログの趣旨にそぐわないコメントは勝手ながら削除いたします。

アクセス向上委員会

たくさんの方に「日本刺繍」と「ふくさ」の文化を伝えたい。
そんな思いでランキングに参加しています。
皆さまのクリックがポイントになり、順位が上がります。上位になればアクセスアップにつなりますので、1日1回応援クリックいただけたらうれしいです!

ブログリンク

当ブログはリンクフリーです♪

メールはこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

月別アーカイブ