とりとめのない話。


昨日の東京はみぞれ。
シャビシャビなのに、子供たちは「ゆき~♪」と大喜びです。


さてさて二段ベッドの続きの話。

上段を譲らぬおチビと。
お父さんと一緒に寝られる日は下段でいいけれど、もともと上は自分だと思っているブー子。
まだまだ揉める日々が続いていたのですがー

ふとひらめいて、おチビが生まれたばかりの頃夜中のオムツ替えの時に使っていた手元灯を、下段の枕元にぶら下げてみました。

これなら、電気消しておチビが寝た後でもご本が読めるでしょ?

案の定ブー子は大喜び♪

おチビに見つからないうちは、落ち着いて寝られそうです。


さて。

昨日はバレエでも珍しく先生に褒められたそうで、いつもは疲れてグデグデのお風呂とご飯もご機嫌でした。

と、ブー子、
「いまは、300ねんをすぎていますか?ってきけばいいの?」

またキター!
中身は変わらないけど、聞き方が丁寧になってる、、、

「ああ、お母さん朝怒ってごめんね。うーんと、浦島太郎の300年かな?(発表会でそんなセリフがあったのです)」

ブー子「ううん、今は、にせんじゅうなな、、、?」

ああ、西暦か。
そう言われてみると、そうと気付けなかった自分がおかしい(笑)

「うん、それなら、300年はとっくに過ぎてるよ。」

ブー子納得。

そうか、ブー子はまだケタの違いもわからないもんね。
数がわかるのはせいぜい130くらいまでか。

そしてブー子、
「うらしまたろうはほんとにいたの?」

うん、太郎はいたと思うよ。
だってこの物語は、ある日突然息子を失った太郎のお母さんを慰めるために作られたお話だと思うから。

などと調子に乗って答えてみたけれど、当然6才のブー子にはピンとこないようで、違うよ、浦島太郎のお話はこんなだよ、紙芝居ではねーと延々話してくれました。

ブー子がご機嫌だからハハも機嫌よくいられたのか、ハハの機嫌がいいからブー子もご機嫌だったのかー
またいろいろお話しようね、ブーちゃん。


スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://terukobo.blog84.fc2.com/tb.php/1938-4769d579

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

ノブ

Author:ノブ
絹糸のしっとりとした光沢に魅せられて日本刺繍を始めました。
「心を包む袱紗」と「祈りの蓮華袋(れんげぶくろ)」を作って販売しています。
が、育児中につき日本刺繍は休業中。
ブログは俳句や日々の出来事を中心に綴っています。

プロフィール詳細は、「日本刺繍の照工房」HPで↓

日本刺繍の照工房

ウェブショップもございますが只今休業中。再開の目途がつきましたらこちらのブログでもお知らせします(時期未定)。↓

刺繍ふくさの照工房ショッピングカート


初めての方はこちらもご一読ください。→ ブログポリシー

カテゴリ

最近の記事

ようこそ♪

ブログ開設時(2007年11月)からのユニークアクセス(24時間)です

ブログ内検索

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

woman.exite☆今日の献立

今夜は何にしようかな♪

Twitter

▼ふくさを使う


-伝えていきたい和のこころ-
*****
照工房のオススメする
袱紗の使い方はこちら
↓↓↓

⇒お友達の披露宴で

⇒ご自身の結婚式で
⇒成人や結婚のお祝い、また、還暦など賀寿の贈り物にも喜ばれています。

☆祈りの蓮華袋

コメントお待ちしています

各記事右下の「Comment」をクリックして投稿してください♪

記事内容に言及がないなどブログの趣旨にそぐわないコメントは勝手ながら削除いたします。

アクセス向上委員会

たくさんの方に「日本刺繍」と「ふくさ」の文化を伝えたい。
そんな思いでランキングに参加しています。
皆さまのクリックがポイントになり、順位が上がります。上位になればアクセスアップにつなりますので、1日1回応援クリックいただけたらうれしいです!

ブログリンク

当ブログはリンクフリーです♪

その他リンク

最近のトラックバック

メールはこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

Top