FC2ブログ

行田~足袋とフライとゼリーフライ。

東京もとうとう雪が積もりました。
日差しが眩しい。。。

―と、それはさておき、行田ぶらり旅の続きを。

町をぶらぶらしていると、こんな銅版のお人形と出会えます。
胴人形1 胴人形2


行田は足袋の町。
足袋の製造が盛んだったそうで、足袋蔵もたくさん残っています。

そう聞いて、着物は着なくても、かわいい足袋があったら欲しいな~と思っていました。
途中で見かけた「足袋とくらしの博物館」が気になったのですが、博物館はさっき行ったばかりだし、200円とはいえ入館料が必要だったので他を見てからにしようと後回し。

町をぶらぶらして、、、

行田の蔵2 行田の蔵

高源寺の方までテクテク。
水城公園を通って駐車場に戻っていると・・・

釣り人がいっぱい。

 釣竿は ぴくりともせず 春隣

なんだかほのぼのしておりました。

さてさてその公園の脇で。
楽しみにしていた行田名物ゼリーフライをゲット。
ゼリーフライの駒形屋

ゼリーフライは―
小判型、すなわち「銭フライ」がなまってゼリーフライなのだとか。。。
じゃがいもとおからを練って素揚げし、お醤油をかけたもので、いたって素朴です^^ヾ

続いて、これまた名物、行田のフライ。
古沢商店のフライ

こちらは、小麦粉の生地にネギや卵、桜海老などをトッピングしたお好み焼きのようなもの。
看板おばあちゃんが焼いてくれました。

その雰囲気に、ネクターやコーヒー牛乳も飲みたくなり・・・

ふう

おやつもたらふく食べたことだし、足袋を見に戻りましょう♪

と思ったのですが。
くだんの「足袋とくらしの博物館」はなんと3時まで。(すでに時刻は3時半をまわっています

他に足袋を売っているようなお店はなく・・・

足袋は大きな楽しみの一つだったのに、結局、初めの郷土博物館で小錦やら舞の海やらの足袋を見ただけで終わってしまいました・・・トホホ

かつて製造がさかんだったというだけで、もともと販売しているようなお店もなかったのでしょう。。。
いやはや、良くも悪くも商売っ気のない長閑な町でした。
「のぼうの城」の映画化が決まっているようなので、これから少し変わるかもしれませんね。

でもでも、お土産はしっかり買って帰りましたよ^^
それはまた明日~♪

☆ランキングに参加しています↓
   にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ   人気ブログランキングへ
     にほんブログ村      裁縫・刺繍
       ↑↑        ↑↑
      応援よろしくお願いします!
スポンサーサイト

コメント

chie

こんばんは。
行田に行かれたんですね!
実は、うちの母方の実家が行田なんです。
子供のころ、埼玉に住んでいたころは、ちょくちょく行田のおばあちゃんの家に遊びに行っていたのですが、観光などはしたことがないので、一度行田を見て周りたくなりました。
フライは、遊びに行くとほんとによく買いにいってました~!
なつかしいなぁ。
子供のころは何の違和感もなかったけど、今思うとなんでアレが「フライ」なんでしょうねぇ?

ahbon

待ってました! B級グルメ。 ゼリーフライって
いちごゼリーのてんぷらかなんかだと思っていました。
じゃがいもとおからですか。 ソースじゃなくて醤油なんですね。
行田のフライもなんでフライなんだろう。 ちょっと洋食っぽい
ものは全部フライなのかもね。 お土産なにを買ったのかな。
明日がたのしみ。

ノブ

chieさん、ahbonさん、おはようございます。
v-276chieさんは行田にご縁がおありなんですね!
いつでも行けるところって、なかなか散策しないものですよね。
今回はサクッと回りましたが、お弁当を持って公園でのんびり、なんていうのも良さそうです♪
小腹がすいたら、フライを買いに走ってi-224
子供にかえれそうi-194

v-276ahbonさん、こんにちは。
はい、そこのゼリーフライはしょうゆ味でしたが、もしかしたらソース味も選べるお店もあるのかもしれません。
フライは、ソースにするか醤油にするか聞いてくれました。
「フライ」に「ゼリーフライ」、ほんと、不思議なネーミングですが、それもまたご当地グルメの魅力ですねi-237

足袋博管理人

蔵めぐりまちあるき開催
行田にお越しいただきありがとうございます。
今度下記のイベントを開催します。
ぜひ「足袋とくらしの博物館」にもお立ち寄りください。

ぎょうだ蔵めぐりまちあるき2010 開催!
~足袋蔵のまちで和を楽しむ2日間~

埼玉県行田市中心市街地に残る16の足袋蔵などの歴史ある建物で、“和を楽しむ”をテーマに2日間限定で着物のリフォーム展示販売、陶芸作品展示販売、古布・ちりめん細工・手作り小物販売、和菓子販売、メダカ販売、藍染製品販売&藍染体験、足袋工場見学&足袋のバーゲン・セール、草履と下駄のすげ調整実演、朗読会、琴・三味線・津軽三味線&銭太鼓コンサート、ボンネットバス運行、人力車体験、蓮花つぼみ人形展示&人形絵付け体験、若手アーティストのアート展示、蔵出しレトログッズの販売、昔の遊び体験、昔の足袋づくりのスライド上映など様々な催しが同時開催されます。
当日着物でご参加の方にはもれなく“My足袋づくり体験”1000円割引券をプレゼント!
ぜひこの機会に着物で行田に来て、レトロ気分で蔵めぐりを楽しんでみませんか?

開催日時  2010年5月15日(土)・16日(日)10:00~16:00
開催場所  足袋蔵まちづくりミュージアム、足袋とくらしの博物館ほか16ケ所
参加費    大人200円小人100円(足袋とくらしの博物館入場券付)
参加方法  当日足袋蔵まちづくりミュージアムへまず来て受付してスタート(事前申込不要)
問い合わせ NPO法人ぎょうだ足袋蔵ネットワーク(TEL 048-552-1010)
ホームページ http://www.tabigura.net 
http://blog.livedoor.jp/tabigura/

ノブ

足袋博管理人さま、こんにちは。
お知らせありがとうございます。
面白そうなイベントですね♪
非公開コメント

ノブ

絹糸のしっとりとした光沢に魅せられて日本刺繍を始めました。
「心を包む袱紗」と「祈りの蓮華袋(れんげぶくろ)」を作って販売しています。
が、育児中につき日本刺繍は休業中。
ブログは俳句や日々の出来事を中心に綴っています。

プロフィール詳細は、「日本刺繍の照工房」HPで↓

日本刺繍の照工房

ウェブショップもございますが只今休業中。再開の目途がつきましたらこちらのブログでもお知らせします(時期未定)。↓

刺繍ふくさの照工房ショッピングカート


初めての方はこちらもご一読ください。→ ブログポリシー

ようこそ♪

ブログ開設時(2007年11月)からのユニークアクセス(24時間)です

☆祈りの蓮華袋

▼ふくさを使う


-伝えていきたい和のこころ-
*****
照工房のオススメする
袱紗の使い方はこちら
↓↓↓

⇒お友達の披露宴で

⇒ご自身の結婚式で
⇒成人や結婚のお祝い、また、還暦など賀寿の贈り物にも喜ばれています。

ブログ内検索

コメントお待ちしています

各記事右下の「Comment」をクリックして投稿してください♪
記事内容に言及がないなどブログの趣旨にそぐわないコメントは勝手ながら削除いたします。

アクセス向上委員会

たくさんの方に「日本刺繍」と「ふくさ」の文化を伝えたい。
そんな思いでランキングに参加しています。
皆さまのクリックがポイントになり、順位が上がります。上位になればアクセスアップにつなりますので、1日1回応援クリックいただけたらうれしいです!

ブログリンク

当ブログはリンクフリーです♪

メールはこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

月別アーカイブ