「刺繍ふくさ」の包み方、お祝いの渡し方

明日のショップリニューアルに向けて、照工房の袱紗の、効果的な使い方をご提案したいと思います。
若い女性が袱紗を使う機会が多いのは結婚式だと思いますので、お友達の披露宴にお呼ばれした時を想定して説明しますね。(→ご自身の結婚式で使う場合はこちら

まずは包み方から。

金封を、広げた袱紗の真ん中よりやや左に置きます。
袱紗の表の柄は右上についています

最初に左端、次に上、そして下を折り上げます。
生地をやや引っ張り気味に、角を丁寧に・・・

最後に右側で包み込みます。
柄の位置を確認しましょう (この柄は横向きです)

柄がちょうど良い位置に来るよう微調整しましょう。

バッグなどに入れる際は、刺繍を引っ掛けないようハンカチなどを当てて置くとよいと思います。
(もちろん、きれいな、湿っていないハンカチでお願いします。)

そして、受付で、袱紗から金封を取り出して渡しますが、受付が混んでいたら第一の見せ場です。

バッグから袱紗包みを取り出して手に持ち、ひとしきりお友達と歓談しましょう。

そして、受付の順番が来たら第二の見せ場、本番です。
指先までオシャレ☆

「本日はおめでとうございます」と一言お祝いを申し上げ、袱紗は柄がきれいに出るようにたたみ、金封の下に添えるようにして、先方に向けて両手で差し出し、金封だけを渡します。

記帳する際は、記帳台の脇にたたんだ袱紗をそっと置いておくと印象的。

これで女度アップ、間違いなし。お友達と差がつくこと必至です♪

持ち帰る時は、刺繍部分が内側になるようにたたんでバッグにしまいましょう。


・・・以上、いかがでしょうか?是非一度お試しください。


ちなみに弔事の際は包み方が逆になりますので、慶弔両用ではない照工房の袱紗は柄付けも反対にしています。でも、使い方、渡し方は同じです。
(こちらのサイトを参考にしています→ご贈答マナーのサイト


<追記>**********

ご自宅を訪問してお祝いをお渡しする場合などは、袱紗の包みごとお渡しし、受け取った方はその袱紗にお礼を包んでお返しする、というのがもともとの習慣のようです。
地域によってはその習慣が根付いているところもあるかもしれません。

受付のある会場では、袱紗から出してお渡しすることが現在では一般的なようですが、披露宴の受付などを任された場合、包みごと頂戴した場合には、「ありがとうございます。失礼いたします。」と言って包みを開き、中身をお預かりして袱紗はきれいにたたみ、「ご丁寧にありがとうございました。素敵な袱紗ですね。」などと一言添えてお返しするとよいでしょう。

また、お月謝などをお渡しする場合は、お教室の習慣、先生のご意向に従ってくださいね。
茶道や華道の先生の中にはお詳しい方も多いと思いますので、悩んだ時は相談されてみてください。

あまり堅苦しくないお稽古事や、友人、知人にちょっとしたお礼を差し上げる時は、お相手の前で袱紗から出してお渡しした方が、スマートだと思います。
そのお返しをいただくようなものではありませんし、「相手に合わせること」も素敵なマナーの一つだと思いますので。(2009.3.6)

※あわせて、カテゴリ「ふくさ雑感」内の記事を是非ご覧ください。
スポンサーサイト

日当たりの 良くば 銀杏は散り急ぎ

青梅街道の銀杏並木。

一週間前の画像です・・・

日当たり悪い方が長生きだったりして・・・?!

昨日、午後は晴れてきて写真も撮れたので、ショップは月曜にもリニューアルしようと思ってます。
皆さまのおかげで、ランキングも随分上がってきました!
今日もどうぞよろしくお願いします♪

ブログの誕生日~改名します~

今日はブログの誕生日、ようやく2年目に突入です。
読んでくださる皆様に、ただただ感謝しております。

これを機に、ブログのタイトルを少し変えます。
リンクしてくださっている皆さま、お手数ですが、変更をお願いします。(ぱっと見それほど変わらないのでそのままでも構いません

タイトルにも、欲張って「ふくさや」を盛り込みました。
「福砂屋」はカステラ、「福さ屋」は明太子、「ふくさ屋」は照工房って感じで、九州人としてはその人気に是非あやかりたいものです

さて、ランキングのにほんブログ村(日の丸をイメージしたバナー)。
こちらも、「刺繍」と「ナチュラルライフ」から、「刺繍」と「着物・和装」に変えました。

「着物・和装」ジャンルに興味がある方は、右のアクセス向上委員会の中のバナーから入ってくださいね。
ランキングのポイントは、「刺繍」「着物・和装」どちらを押しても自動的に50%50%に振り分けられます。

来週にもショップの商品を補充して、リニューアルオープンしたいと思っています。
それに向かって、ランキングを上げアクセスアップを目指したいと思いますので、これからもクリック三つで応援よろしくお願いします!


揺り起こす 秋の夜長の ワインかな

ラベルもいい感じ.jpg イタリアはピエモンテ州のカレマ。

いつも地元の焼き鳥屋しか行かない私たち。
でも先の連休中、結婚記念日にはちょっと早かったけど、奮発して都内のイタリアンレストランへ出掛けました。
「手ごろな値段で~」とお願いして、選んでもらった中からピックアップしたのがこのワイン。
とってもおいしかったので、記念にアップしておきます♪

名前の由来

「照工房」、どうして「照」なの?とよく聞かれます。


日本刺繍の最大の特徴は、絹糸の輝きです。

絹糸のこのしっとりとした輝き、つややかな感じ、潤いを含んだ光、そんな語感のある言葉を探しました。

そしてこの刺繍で、どなたかのお手元を照らすことができたら、何よりうれしく思います。

プロフィール

ノブ

Author:ノブ
絹糸のしっとりとした光沢に魅せられて日本刺繍を始めました。
「心を包む袱紗」と「祈りの蓮華袋(れんげぶくろ)」を作って販売しています。
が、育児中につき日本刺繍は休業中。
ブログは俳句や日々の出来事を中心に綴っています。

プロフィール詳細は、「日本刺繍の照工房」HPで↓

日本刺繍の照工房

ウェブショップもございますが只今休業中。再開の目途がつきましたらこちらのブログでもお知らせします(時期未定)。↓

刺繍ふくさの照工房ショッピングカート


初めての方はこちらもご一読ください。→ ブログポリシー

カテゴリ

最近の記事

ようこそ♪

ブログ開設時(2007年11月)からのユニークアクセス(24時間)です

ブログ内検索

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

woman.exite☆今日の献立

今夜は何にしようかな♪

Twitter

▼ふくさを使う


-伝えていきたい和のこころ-
*****
照工房のオススメする
袱紗の使い方はこちら
↓↓↓

⇒お友達の披露宴で

⇒ご自身の結婚式で
⇒成人や結婚のお祝い、また、還暦など賀寿の贈り物にも喜ばれています。

☆祈りの蓮華袋

コメントお待ちしています

各記事右下の「Comment」をクリックして投稿してください♪

記事内容に言及がないなどブログの趣旨にそぐわないコメントは勝手ながら削除いたします。

アクセス向上委員会

たくさんの方に「日本刺繍」と「ふくさ」の文化を伝えたい。
そんな思いでランキングに参加しています。
皆さまのクリックがポイントになり、順位が上がります。上位になればアクセスアップにつなりますので、1日1回応援クリックいただけたらうれしいです!

ブログリンク

当ブログはリンクフリーです♪

その他リンク

最近のトラックバック

メールはこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

Top